今年度最後のクオリアAGORA 2014、年度末のお忙しい中にも拘わ…/お知らせ/更新情報の詳細


お問い合わせ

研究所概要

ごあいさつ

 

 


文字サイズの変更

 



 

今年度最後のクオリアAGORA 2014、年度末のお忙しい中にも拘わらずたくさんのご参加ありがとうございました。今回もおかげさまでとても有意義に開催することができました。これも皆様方のご支援によるものと心から感謝いたしております。


 

今年度最後のクオリアAGORAは、「琳派400年!今、改めて"ものづくり"を考える」と題しまして、京都工芸繊維大学大学院の並木誠士教授、染色作家で人間国宝の森口邦彦さん、千家十職釜師の大西清右衛門さんのお三方にお越しいただきお話しいただきました。

先ず始めに並木先生より「琳派」についてその特質や時代的推移を踏まえた基礎的な事、また脈々と受け継がれた現代デザインへの影響などをお教えいただきました。続いての森口さんには、ご自身のこれまでを振り返っていただきながら、「伝統とは必ずしも同じ事をするのではなく、先人のやろうとしていた事をする、それが伝統を継承していくということではないか」と言うお話しをいただきました。またそれに加えて大西さんからは、「伝統の中に生きる技法を永劫に伝えていく事は至難である。しかしそれを可能な限り再現する試みに、先人のやろうとしていた事を理解する鍵があり、新たな発想の礎となるであろう」とのお話しをいただきました。

琳派発祥からおよそ400年の時を経て、言うなれば当時のそれは紛れもなく、所謂ブレイクスルーであったのではなかろうか?...では何がそれを引き起こしたのか? ...続いてのディスカッションではそれをテーマに話し合われ、様々なアイデアが生まれる背景には当時の時流があるのだが、源となったのは「光悦村」の存在が大きかったであろうと結ばれました。

では「現代の光悦村とは?」、「どうすれば作れる?」... これが今回のワールドカフェのテーマです。各テーブルそれぞれの切り口から思い思いに多彩なアイデアが発表され、今年度最後にふさわしく大いに盛り上がったクオリアAGORAとなりました。(詳細は後日ホームページ上にてご報告いたします。)

貴重なお話しをいただきました並木先生、森口さん、大西さんにはこの場を借りまして厚くお礼申し上げさせて頂きます。 ありがとうございました。
 
2年目を迎え、クオリアAGORAは「2030年の未来を予想するのではなく創り出す」と言う明確な進路を見出して、前進していきたいと思います。これからも変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


≪第11回クオリアAGORA 2014/クオリアAGORA WEBフォーラム≫
https://sv219.xserver.jp/~gloseq/goodkyoto.com/bbs_manager/forums.php?s=22&state=forum_view
↑をクリックすると該当のクラウドフォーラムを閲覧、またフォーラムへ参加することができます。
※ログインするにはパスワードが必要です

 

 

 

Tweet 


2014/03/27 (23:02:57)

前の画面に戻る


 

twitter area QualiaAgora

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : QualiaAgora[AND]今年度最後[AND]クオリア[AND]AGORA[AND]年度末[AND]わらずたくさんのご[AND]参加[AND]今回[AND]もおかげさまでとても[AND]有意義[AND]開催[AND]これも[AND]皆様方[AND]支援[AND]によるものと[AND]感謝

 

facebook area

 


 

 


 

京都から、世界の人々を感激、感動させるような都市づくり策、地域主権国家実現のための各種提言などを行います。

 

また提言の具体化についても、広範な市民と連携を図りながら取り組み「行動する組織」を目指します。

what's world cafe

 

クオリアAGORA WEBフォーラム

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 




 

京都クオリアカレンダー
2017年6月

    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

 


≪京都クオリアカレンダー詳細≫


Get Adobe Reader


 

 



サイトマップ