グッとくるまち京都/京都クオリア研究所


お問い合わせ

研究所概要

ごあいさつ

 

 


文字サイズの変更

 


 

グッくるまち京都をつくろう

1200年もの長い間、京都人は数多くの危機を克服しながら、成熟した京都文化を育み、高度経済成長期にあっても画一的な価値観とは距離を置いて、京都らしい考え方や暮らし方を残してきました。しかし、今京都は、「数を追い求める」観光の論理、「経済優先」による開発の論理、国と地方の行政の縦割りの論理によって、その感性も美意識も後回しにしてしまった結果、「特徴のない一地方都市」になろうとしています。

 

国から地方へ権限が移る地方分権は、地方の個性や独自性を活かし、霞ヶ関中心ではなく、地方の視点で都市経営を行うということに他なりません。未だ処方箋が見つかっていない少子高齢社会ですが、京都人が歴史都市に住むという責任を背負いつつ、住む人の論理で京都のまちのあり方を決めていく、自治の伝統を活かした住民主導の市政を取り戻すことによって、京都は21世紀社会の新しいモデルを日本に示すべきです。 そしてその実現には、京都市長の大胆で独創的なリーダーシップと実行力が何よりも重要となります。

 


前の画面に戻る


 

そんなあたりまえを京都で実感。

少子高齢時代でも

いきいきと暮らせる明日に。

 

 

職住接近で、ゆとりある毎日。

環境への負担も軽減して真に豊かな生活を。

 

 

プロをめざす夢追い人。

個性が伸ばせる土壌をつくり

仕事の責任と誇りを取りもどそう。

 

 


 

 

拝啓第26代京都市長さま/地域主権国家のモデル・京都を創るために/■日本の原点・京都。市民の誇りをどう高めますか?■少子高齢化社会。「ぴちぴち」活動できる環境を、どう創りますか?■京都の経済・産業発展のために、どう取り組みますか?■グッとくる豊かな暮らしを、どう創りますか?■市職員の活性化と市行政・財政の改革に、どう取り組みますか?

 

 

 

 

Tweet 


前の画面に戻る


 

 


 

京都から、世界の人々を感激、感動させるような都市づくり策、地域主権国家実現のための各種提言などを行います。

 

また提言の具体化についても、広範な市民と連携を図りながら取り組み「行動する組織」を目指します。

what's world cafe

 

クオリアAGORA WEBフォーラム

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 




 

京都クオリアカレンダー
2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

 

 


≪京都クオリアカレンダー詳細≫


Get Adobe Reader


 



サイトマップ