第6回クオリアAGORA2014、今回もおかげさまでとても有意義に開…/お知らせ/更新情報の詳細


お問い合わせ

研究所概要

ごあいさつ

 

 


文字サイズの変更

 



 

第6回クオリアAGORA2014、今回もおかげさまでとても有意義に開催することができました。これも皆様方のご支援によるものと心から感謝いたしております。


 

今回は「おひとりさまの老後」等の著者であり、ジェンダー研究の第一人者でもある社会学者の上野千鶴子先生にお越しいただき、「当事者主権~自分のことは自分が決める~」と題して開催いたしました。

当事者主権... 耳慣れない言葉ですが、ここで言う主権とは自分の身体と精神に対する誰からも侵されない自己統治権、すなわち自己決定権をさし、この権利は誰にも譲れないし誰からも侵されないとする立場が「当事者主権」であり、人間の人格の尊厳にもとづいて上野さんと同名の本の著者、中西正司さんが提唱された新語だそうです。

本来この言葉は「自分のことは自分が決める」という最も基本的なことを奪われてきた社会的弱者である人々、それは女性かもしれません、または高齢者、障碍者、子供たちや患者さんなど... その「当事者たち」が、自分達の思いを声高らかに発言し、それがあるべき姿へと大きく社会を変革させる可能性を秘めた力であるという想いが込められた言葉です。 しかし目を反対側へ向けてみるとどうでしょう... 今の日本人は「自分のことは自分が決める」と言う所謂決意に欠けるように感じます。 殊に、こんなにも大切な事が山積みになっている現代なのに若者の政治や選挙への無関心~投票率の低下には憂いを憶えるという流れでディスカッションが進みました。

そして今回のワールドカフェは、上野先生のご提案をいただき「20代の若者を選挙に行かせるにはどうすればいい? またその結果どうなる?」と「女性や若者がもっと被選挙権を行使するにはどうすればいい?」の二つをテーマとして、20代から70代まで世代の垣根を飛び越えて熱く意見を交えました。(詳細は後日ホームページ上にてご報告いたします。)

鋭い切り口で貴重なお話しをいただきました上野先生、またゲストディスカッサントとしてお越しいただいた京都大学こころの未来研究センター准教授の内田由紀子先生にはこの場を借りまして厚くお礼申し上げさせて頂きます。 ありがとうございました。
 
クオリアAGORAもいよいよ3年目を迎えました。 今年度のテーマは「京都から挑戦する“新”21世紀づくり」です。 先行きの見えない未来に、私達だからこそできる切り口で果敢に挑戦していければと思います。 これからも変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


≪第6回クオリアAGORA 2014 WEBフォーラム≫
https://sv219.xserver.jp/~gloseq/goodkyoto.com/bbs_manager/forums.php?s=28&state=forum_view
↑をクリックすると該当のクラウドフォーラムを閲覧、またフォーラムへ参加することができます。
※WEBフォーラムへはどなたでもご自由にご参加いただけます。

 

 

 

Tweet 


2014/11/27 (23:07:12)

前の画面に戻る


 

twitter area QualiaAgora

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : QualiaAgora[AND]クオリア[AND]AGORA2014[AND]今回[AND]もおかげさまでとても[AND]有意義[AND]開催[AND]これも[AND]皆様方[AND]支援[AND]によるものと[AND]感謝

 

facebook area

 


 

 


 

京都から、世界の人々を感激、感動させるような都市づくり策、地域主権国家実現のための各種提言などを行います。

 

また提言の具体化についても、広範な市民と連携を図りながら取り組み「行動する組織」を目指します。

what's world cafe

 

クオリアAGORA WEBフォーラム

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 




 

京都クオリアカレンダー
2017年9月

     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

 


≪京都クオリアカレンダー詳細≫


Get Adobe Reader


 

 



サイトマップ