今年度最終となります第10回クオリアAGORA2015、桜の花もちらほ…/お知らせ/更新情報の詳細


お問い合わせ

研究所概要

ごあいさつ

 

 


文字サイズの変更

 



 

今年度最終となります第10回クオリアAGORA2015、桜の花もちらほらと春の息吹を感じられる爽やかな日和の中、おかげさまでとても有意義に開催することができました。 これも皆様方のご支援によるものと心から感謝いたしております。


 

「モノとコトの間を生きる-群れと意識」と題しました今回の開催は、今巷で取りざたされる悩ましい複雑系のお話を、「生命理論」「いきものとなまものの哲学」などの著書で知られる早稲田大学の基幹理工学部表現工学科教授、郡司ペギオ‐幸夫氏にお越しいただきお話しいただきました。

先生のお話は、「人間は『モノ』と『コト』をどう理解するのか」の解説から始まりました。 しかしこれは一筋縄で解決できるテーマではありません。 例えば「モノ」を自分とすると、「コト」とは自分以外の「モノ」を含めたそれを取り巻く全ての事象指し、「モノ」と「コト」の境界線をしっかりと認識することにより、その狭間にあるふわふわとしたインタ―フェイスのような「曖昧さ」を知ることができる。 実はこの「曖昧さ」こそがとても大切であり、「その『曖昧さ』を最初から内包することによって新しい「科学」の在り様を提案できるのではないか」と言う事が先生のお話でした。

しかしさすがに今回のこのお話は、参加者一同、異口同音に「一度聞いただけで理解できるほど生易しいものではない」との意見で一致でした。 でもそれだけに、その奥深さ、面白さに皆さんいつになく真剣に先生のお話に聞き入り、その後のディスカッション~ワールドカフェでは「その曖昧さの効用とは?」などをテーマとして議論が白熱し、今年度最後を飾るに相応しいクオリアAGORAとなりました。(詳細は後日ホームページ上にてご報告いたします。)

お忙しい中お越しいただきました郡司ペギオ‐幸夫先生、また前回、前々回に引き続きゲストディスカッサントとしてご参加いただいた京都大学理学研究科教授の高橋俶子さんにはこの場を借りまして厚くお礼申し上げさせて頂きます。 ありがとうございました。
 
今回をもちましてクオリアAGORAも無事に3年目を終えることができました。 これもご支援いただいております皆さまのお蔭とこの場を借りまして改めてお礼申し上げます。 次回からは新年度として、根幹となるクオリアAGORA発足のスピリットのもとに、より一層斬新な切り口、そして私たちならではの魅力的な開催を企画いたしております。どうぞご期待ください。(次回開催は5月、あるいは6月頃を予定いたしております。 詳細は当HPにて告知いたしますのでご確認下さい。 またクオリアAGORAへのご意見やご要望等ございましたらお気軽にメール等にてお知らせいただければ幸いです。)


≪第10回クオリアAGORA 2015 WEBフォーラム≫
https://sv219.xserver.jp/~gloseq/goodkyoto.com/bbs_manager/forums.php?s=32&state=forum_view
↑をクリックすると該当のクラウドフォーラムを閲覧、またフォーラムへ参加することができます。
※WEBフォーラムへはどなたでもご自由にご参加いただけます。

 

 

 

Tweet 


2015/03/27 (00:00:42)

前の画面に戻る


 

twitter area QualiaAgora

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : QualiaAgora[AND]今年度最終[AND]クオリア[AND]AGORA2015[AND]もちらほらと[AND]息吹[AND]じられる[AND]やかな[AND]日和[AND]おかげさまでとても[AND]有意義[AND]開催[AND]これも[AND]皆様方[AND]支援[AND]によるものと[AND]感謝

 

facebook area

 


 

 


 

京都から、世界の人々を感激、感動させるような都市づくり策、地域主権国家実現のための各種提言などを行います。

 

また提言の具体化についても、広範な市民と連携を図りながら取り組み「行動する組織」を目指します。

what's world cafe

 

クオリアAGORA WEBフォーラム

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 




 

京都クオリアカレンダー
2017年11月

   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 

 


≪京都クオリアカレンダー詳細≫


Get Adobe Reader


 

 



サイトマップ