第3回クオリアAGORA 2013、今回もおかげさまでとても有意義に開…/お知らせ/更新情報の詳細


お問い合わせ

研究所概要

ごあいさつ

 

 


文字サイズの変更

 



 

第3回クオリアAGORA 2013、今回もおかげさまでとても有意義に開催することができました。これも皆様方のご支援によるものと心から感謝いたしております。


 

今回のテーマは「古人骨・古代の色からみる、日本人とは何か!?」と題し、京都大学の片山一道名誉教授と、「染司よしおか」五代目当主、染色家の吉岡幸雄氏のお二方にお越しいただきお話しをうかがいました。

まず片山先生のお話では、骨からわかること~わからないことを踏まえ、起源から現在に至るまでの日本人の変化をお示しいただきました。なかでも遺伝子万能と思いがちな昨今の情勢のなか「目から鱗」だったのは、日本人の骨格の変化は、民族間の混血などを理由とする遺伝子によるもではなく、主に生活スタイル(食生活など)の変化によって大きく変わるものなのだということでした。

また吉岡さんのお話では、日本人がその起源よりの歴史とともに歩んできた「色」についてをお話いただき、ともすれば「わび」「さび」だけで語られてしまいがちですが、本当は豊かな彩(いろどり)をこよなく愛してきた日本人の色彩感覚の素晴らしさを再発見させていただきました。

グローバル化が叫ばれる現代ですが、何もかもが均一になることは出口のない袋小路に閉じ込められてしまうようなもの...。私たちが私たちである所以(由縁)、「色=文化」として、またそれこそが新たな産業やビジネスの礎となる発想を模索して、ディスカッション~ワールドカフェ、ワイワイガヤガヤと楽しく語り合いました。
 
貴重なお話しをいただきました片山先生、吉岡様、本当にありがとうございました。この場を借りましてお礼申し上げさせて頂きます。
 
2年目を迎え、クオリアAGORAは「2030年の未来を予想するのではなく創り出す」と言う明確な進路を見出して、前進していきたいと思います。これからも変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

Tweet 


2013/06/27 (22:36:56)

前の画面に戻る


 

twitter area QualiaAgora

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : QualiaAgora[AND]クオリア[AND]AGORA[AND]今回[AND]もおかげさまでとても[AND]有意義[AND]開催[AND]これも[AND]皆様方[AND]支援[AND]によるものと[AND]感謝

 

facebook area

 


 

 


 

京都から、世界の人々を感激、感動させるような都市づくり策、地域主権国家実現のための各種提言などを行います。

 

また提言の具体化についても、広範な市民と連携を図りながら取り組み「行動する組織」を目指します。

what's world cafe

 

クオリアAGORA WEBフォーラム

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 




 

京都クオリアカレンダー
2017年7月

      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

 

 


≪京都クオリアカレンダー詳細≫


Get Adobe Reader


 

 



サイトマップ