京都を支えているのは?/活動データベースの詳細ページ/京都クオリア研究所


お問い合わせ

研究所概要

ごあいさつ

 

 


文字サイズの変更

 


 

京都を支えているのは?


京都を支えているのは?の画像1
京都を支えているのは何かと考えた際、オーナー会社のオーナーが支えているという面が強くあると思います。 京都に根付いた企業で、そのオーナーシップがある方に、です。 

京都を支えているのは資源でも金でもなく、人です。 人が作り出した産物が文化であり、その文化をベースにして、産業があります。 皆さんの会社も全て、文化を材料とした産業です。 ですから京都から離れられませんし、東京やニューヨークに行ったら「なんぼのもんや」といわれてしまいます。 京都との関わりは避けて通れません。 

嫌とか好きとか言っていられません。 不思議なことに、京都が良くなると、京都の企業の仕事も良くなります。 
うちは6代くらい京都にいますので、生物学的に私ほどピュアな京都人は少ないと思うのですが、誰も私を京都人とは思っていません。 思ったことをすぐ口に出すからでしょう。 

京都の発展は、京都のエゴではありません。 日本のために、京都が世界から尊敬されなければいけません。 京都は日本のルーツなのです。 それをみんなに知らしめると、「ああ、日本はそうなのか」と納得して貰えるでしょう。 京都のためではなく、日本のために皆さんには頑張って欲しいと思っています。 京都が良くなれば、皆さんの事業も必ず良くなります。 京都がダメになれば、皆さんもダメになります。 一蓮托生な関係なのです。 


 

 

〔2009年06月10日 13:41 堀場雅夫相談役のコメントから〕

 


 

前へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:004398

 

 

twitter area QualiaAgora

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : QualiaAgora[AND]京都[AND]えているのは

 

facebook area

 


 


 

京都から、世界の人々を感激、感動させるような都市づくり策、地域主権国家実現のための各種提言などを行います。

 

また提言の具体化についても、広範な市民と連携を図りながら取り組み「行動する組織」を目指します。

what's world cafe

 

クオリアAGORA WEBフォーラム

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 




 

京都クオリアカレンダー
2017年11月

   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 

 


≪京都クオリアカレンダー詳細≫


Get Adobe Reader


 



サイトマップ