地域主権と京都/活動データベースの詳細ページ/京都クオリア研究所


お問い合わせ

研究所概要

ごあいさつ

 

 


文字サイズの変更

 


 

地域主権と京都


地域主権と京都の画像1
京都での取組には、他の取組との差別化も必要です。 現在の傾向としては、東京が10だとしたら、名古屋は5,大阪が4,そして京都が3というように、似て非なるものを小さく実現しようとしています。 そしてそれらは二流は二流です。 

地方分権といわれていますが、私はこの言葉は決して使いません。 「地域主権」です。 地域主権国家を作ることが大事で、リトルトーキョーを幾ら作ってもダメなのです。 

京都は、日本中を見ても京都でしかできないものがありますし、京都でしか味わえないものを作ることができます。 京都に東京の1/3のものを作っても、それはレプリカに過ぎません。 京都は東京都一番違う、全く違うすごい文化を持っているのです。 

地域主権については、まず京都で成功しなければ、日本中どこでも成功しません。 京都が、日本の地域主権の先導をするのです。 これは、国家的責任があるとも言えるでしょう。 


 

 

〔2009年07月15日 11:53 堀場雅夫相談役のコメントから〕

 


 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:002468

 

 

twitter area QualiaAgora

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : QualiaAgora[AND]地域主権[AND]京都

 

facebook area

 


 


 

京都から、世界の人々を感激、感動させるような都市づくり策、地域主権国家実現のための各種提言などを行います。

 

また提言の具体化についても、広範な市民と連携を図りながら取り組み「行動する組織」を目指します。

what's world cafe

 

クオリアAGORA WEBフォーラム

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 




 

京都クオリアカレンダー
2017年5月

 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

 

 


≪京都クオリアカレンダー詳細≫


Get Adobe Reader


 



サイトマップ