100年に一度の不況?/活動データベースの詳細ページ/京都クオリア研究所


お問い合わせ

研究所概要

ごあいさつ

 

 


文字サイズの変更

 


 

100年に一度の不況?


100年に一度の不況?の画像1
少し前まで100年に一度の不況、と言われていました。 日本の100年前はどうでしょう。 日本はその後はじめて戦争に負けました。 全てを失ったのです。 

私の経験では、物心が付いたときは、1ドル2円でした。 しかし戦争に負けて360円になりました。 正式な仕入れでは360円でしたが制限がありましたので、闇では500円で取引されていました。 格差250倍の中で生きてきたのです。 私から見れば、1円2円程度でがたがた言うな、と思いますね。 

360円から300円になったときはヤバイ、250円になったときは会社が傾く、200円になったときは首をくくる、と言われていましたが、誰も首をくくっていません。 その逆で、円が下がったときに売り上げも急に上がるわけではありません。 人というのは、レベルに併せて自分もレベルを動かしているのです。 そのような程度で人はパニックにはなりません。 

人がパニックになるのは、明日から全く食べ物はないときと、死にたくないのに殺されようとしているときだけです。 これは「生」の現れです。 そこまで腹をくくれば、人は何だってできるのです。 私は、かつて犬を食べた経験もあります。 しかし今朝のこの朝食を食べられることを考えると、今は天国です。 ものは考えようです。 人間、最悪のことを考えて積み上げれば、人間は全て相対値で動いているのです。 


 

 

〔2010年01月27日 11:47 堀場雅夫相談役のコメントから〕

 


 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:001082

 

 

twitter area QualiaAgora

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : QualiaAgora[AND]一度[AND]不況

 

facebook area

 


 


 

京都から、世界の人々を感激、感動させるような都市づくり策、地域主権国家実現のための各種提言などを行います。

 

また提言の具体化についても、広範な市民と連携を図りながら取り組み「行動する組織」を目指します。

what's world cafe

 

クオリアAGORA WEBフォーラム

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 




 

京都クオリアカレンダー
2017年9月

     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

 


≪京都クオリアカレンダー詳細≫


Get Adobe Reader


 



サイトマップ