ディスカッサント紹介9/クオリア研究会ブログの詳細ページ


 

 


文字サイズの変更

 


 

ディスカッサント紹介9

 

高橋 拓児 〔木乃婦三代目主人〕

 

1968年京都市生まれ。 立命館大学法学部卒業後、吉兆で修行。 95年木乃婦入社、創業者 元信、父信昭の師事を受け、現在に至る。 2015年京都大学大学院農学研究科修士課程修了、4月から龍谷大学農学部客員研究員。 フランス料理や分子化学の理論などを日本料理に積極的に取り入れる。 京都料理芽生会会長、NPO法人日本料理アカデミー海外事業副委員長。 著書に「10品でわかる日本料理」「和食の道」など。

 

 

 

前へ

次へ


 

Tweet 


前の画面に戻る


 

twitter area QualiaAgora

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : QualiaAgora[AND]ディスカッサント[AND]紹介[AND]9

 

 


 

クオリア京都とは?

人間ひとりひとりの深く高質な感性(クオリア)に価値を置く社会、これは各人の異なる感性や創造性が光の波のように交錯する社会ともいえます。
京都からその実現を図ろうと、各種提言や調査、シンポジウムなどを開催した京都クオリア研究所ですが、2018年に解散したため、㈱ケイアソシエイツがその精神を受け継いで各種事業に取り組んでいくこととなりました。
クオリア社会実現に向けての行動を、この京都から起こしていきませんか?

㈱ケイアソシエイツ
代表 長谷川和子
〒606-8444 
京都市左京区若王子町15‐1

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 


 

Get Adobe Reader


 



サイトマップ