クオリアとは?/活動データベースの詳細ページ/クオリア京都


 

 


文字サイズの変更

 


 

クオリアとは?


クオリアとは?の画像1
京都クオリア研究会という名称がありますが、実は私はここ数年前までこの「クオリア」という言葉を知りませんでした。 日本語に訳すと「質感」というそうですが、いわば、感激・感動のもっとレベルの高いやつ、といえばわかりやすいでしょうか。 感激・感動をして、その反作用として、行動を起こす可能性がある、という意味です。 例えば綺麗な女性をものにしよう、と考えてそのための道筋を考え、行動することもクオリアといえるでしょう。 

胸にグッときて、「これなら、私もやってやろう!」と言うことでしょうか。 

私は講演に呼ばれることも多いのですが、そこで「この1週間でグッと来たことがある人は手を挙げてください」というと、100人ほどいても手を挙げるのは3人程度。 「では1ヶ月では」というと、5人くらい。 「この1年間では」といっても、10人程度。 後の90%の人は、1年間の間に何の感激も感じていない。 「そんなん、動物以下や!死んでしまえ!」というと「なんてことを言うのだ」と反発されるので、その盛り上がりの中で話をはじめることがあります。 


 

 

〔2009年06月15日 20:02 堀場雅夫相談役のコメントから〕

 


 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:002651

 

 

facebook area

 

 


 

クオリア京都とは?

人間ひとりひとりの深く高質な感性(クオリア)に価値を置く社会、これは各人の異なる感性や創造性が光の波のように交錯する社会ともいえます。
京都からその実現を図ろうと、各種提言や調査、シンポジウムなどを開催した京都クオリア研究所ですが、2018年に解散したため、㈱ケイアソシエイツがその精神を受け継いで各種事業に取り組んでいくこととなりました。
クオリア社会実現に向けての行動を、この京都から起こしていきませんか?

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 


 

Get Adobe Reader


 



  Site Map