新提言を門川市長に提出しました/活動データベースの詳細ページ/クオリア京都


 

 


文字サイズの変更

 


 

新提言を門川市長に提出しました


新提言を門川市長に提出しましたの画像1

 


 

2010年2月16日、京都クオリア研究会では2度目となる提言を門川市長に提出いたしました。
今回の提言は「京都市財政への提言」です。

主な構成は、

【提言1】 地下鉄事業の抜本的見直し

財政再建の鍵を握る地下鉄事業を抜本的に見直す。その際、事業の民間委託や民営化なども視野に入れるべきである。

【提言2】 行政サービスの総点検と抜本的見直し

財政再建団体になる前に、自らの手で、優先順位の低いサービスや過剰サービスを廃止し、必要なサービスの有料化などを含め、京都市が提供する行政サービスを総点検することを提案する。

で、それらの背景、論拠を整理してお渡しいたしました。

≪提言の詳細は、コチラのPDFファイルをご覧下さい。≫

 


 

 

〔2010.02.16〕

 


 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:002415

 

 

facebook area

 

 


 

クオリア京都とは?

人間ひとりひとりの深く高質な感性(クオリア)に価値を置く社会、これは各人の異なる感性や創造性が光の波のように交錯する社会ともいえます。
京都からその実現を図ろうと、各種提言や調査、シンポジウムなどを開催した京都クオリア研究所ですが、2018年に解散したため、㈱ケイアソシエイツがその精神を受け継いで各種事業に取り組んでいくこととなりました。
クオリア社会実現に向けての行動を、この京都から起こしていきませんか?

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 


 

Get Adobe Reader


 



  Site Map