一回性について/活動データベースの詳細ページ/クオリア京都


 

 


文字サイズの変更

 


 

一回性について


一回性についての画像1
老いて死ぬことは、素晴らしいことです。 そしてそれがあるから、後ろに戻れないのです。 
「1億円出したら、1秒間戻せる」という映画がありますが、この1秒間を戻すことで、交通事故をないようにすることもできます。 しかし、それはできません。 この瞬間というのは、一度きりですし、今しかないのです。 また同じメンバーでここに集まったとしても、同じ再現、同じ感動を味わうことは決してできません。 明日についても、確実にあるわけではなくて「たぶん明日はあるだろう」という推論に過ぎません。 今大地震が起これば、明日はないかも知れません。 ですので、人間が保証できるのは、今この瞬間だけです。 

私は複雑系理論の中で好きなものに「1回性」があります。 通常、科学の世界では「再現性」を重視します。 企業にとっても、品質管理、公定を再現し、全部同じ仕様の製品を出すことが大事です。 そして品質が同じであること、サービスが同じであることを追求することが、サイエンスでもあります。 

しかし人間は、1回限りです。 この瞬間は二度とありません。 一方サイエンスは1+1は2でなければいけません。 中国でもアメリカでも、同じでなければいけません。 

私が言いたいのは、毎日感動を持って、その瞬間を楽しむことが大事だということです。 楽しいときはイノベーティブになります。 何かをするときにアドレナリンを出して、高揚して取り組んで欲しい。 
私は「イヤならやめろ」という本を出しましたが、嫌なことをするのは時間の無駄。 皆さんも自分の仕事が面白いから、発展しているのでしょう。 


 

 

〔2009年06月22日 16:04 堀場雅夫相談役のコメントから〕

 


 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:002543

 

 

facebook area

 

 


 

クオリア京都とは?

人間ひとりひとりの深く高質な感性(クオリア)に価値を置く社会、これは各人の異なる感性や創造性が光の波のように交錯する社会ともいえます。
京都からその実現を図ろうと、各種提言や調査、シンポジウムなどを開催した京都クオリア研究所ですが、2018年に解散したため、㈱ケイアソシエイツがその精神を受け継いで各種事業に取り組んでいくこととなりました。
クオリア社会実現に向けての行動を、この京都から起こしていきませんか?

 

京都クオリア塾

 


 

 
 

 

 

京都から挑戦する“新”21世紀づくり/クオリアAGORA

 


 

Get Adobe Reader


 



  Site Map